ぶつぶつしたおしりニキビ

 

おしりニキビが生理中にできやすい理由

 

人の目からは見えない部分であるとはいえ、やはり十分に気を使いたいものです。特に、美容に気を使っている多くの女性にとって、ぶつぶつしたおしりニキビはたいへん気になるものです。痛みや痒みなどの症状が伴うこともあるため、是非とも正しいケアによって、おしりニキビを防ぎたいものです。また、すでにニキビができてしまったという方は、是非ともニキビ跡を残さないよう細心の注意を払ってケアしたいと思うことでしょう。

 

まず、おしりニキビができる理由には、大きく分けて二つのものがあります。その一つがホルモンバランスの変化であり、もう一つが蒸れや衛生状態の悪さであると言われています。一つ目のホルモンバランスに関して言えば、普通、生理中はホルモンバランスが良くなるため、肌の新陳代謝が活発になり、肌の調子も良くなるものです。それでも、現実には生理中におしりニキビができやすい状況にあると言えるのです。

 

ぶつぶつしたおしりニキビが生理中にできやすいと言われる主な理由は、蒸れと衛生状態の悪さにあります。生理中の女性はナプキンを使用するものですが、これによって下着の中の通気性は普段の時よりも一層悪くなってしまいます。つまり、非常に蒸れやすい状態になるというわけです。もちろん、衛生状態も普段より悪くなってしまうことでしょう。それに加えて、ナプキンをつけた状態で動くたびに、ナプキンによって肌の摩擦が生じます。この時に生じる摩擦によって肌は傷んでしまい、そこから雑菌が入り込み、繁殖することになるでしょう。

 

結果として、擦れた部分の肌に痒みや痛みが生じ、ぶつぶつしたおしりニキビになってしまうというわけです。特に、肌の敏感な人やアトピー性皮膚炎を患っている人の場合は、ぶつぶつのおしりニキビがより一層できやすくなっています。是非とも、まめに洗浄し清潔な状態を保つと同時に、通気性が良く肌にやさしいナプキンに変えるといった工夫が必要となることでしょう。