コラーゲンは全女性の味方ですよね。

コラーゲンを効率的に摂取するためのタイミングと言うと、いつ飲むのがいいのか悩んだことがありませんか。朝に飲むのがいいのか、夜に飲むのがいいのか。結論から言うと、いつ飲むというのに対しての答えは夜に飲むというのが一番効率的です。朝飲んだとしても、肌のゴールデンタイムは、夜の22時〜26時なので効率的とはいえません。だから夜に摂取するのが良いのです。いつ飲むかによって肌に吸収されやすいタイミングがあるのです。

 

よって、朝ではないのです。朝飲むなんてあまり聞いたことはないですが、朝飲んでも摂取はできますが、摂取されやすいとはいえないでしょう。肌のゴールデンタイムに何が行われているか、というと肌の細胞の生まれ変わりが行われています。そのタイミングの前に飲むと効率が良いと思います。肌の細胞が全部生まれ変わるまでにかかる期間は約28日間といわれています。

 

要するに、朝とか昼はあまり効率が良くないので夜だけでいいと言うことです。後は、コラーゲンと一緒にビタミンCをとるのが良いとされています。ビタミンCはコラーゲン摂取を助けてくれる作用があるので、一緒にとるのがいいのです。コラーゲンだけではなくて、美容ドリンクなども夜の寝る前に摂取が良いとされています。

 

コラーゲンの過剰摂取は体に毒なのでやめたほうがいいのです。実際、何に対しても言えることですが、過剰摂取することによって、ターンノーバーが悪くなり肌や体に悪さをしてしまうということが起こってしまうためです。体内で消化されない栄養素が体に残って悪さをするということです。

 

飲むものだけではなく、食べ物でもコラーゲンを摂取することができます。例えば、手羽先や軟骨、鯵やカレイです。これらを調理する時は煮込む調理法だとコラーゲンが水溶性なためにスープに溶け出してしまいます。なので、煮込む場合はスープも食べると言うことを心がけて調理することがいいのではないでしょうか。