にきび跡の種類とできてしまう原因

 

美魔女に恋こがれて | 美肌命!

 

にきびができるととても嫌で潰してしまう方も多いでしょう。にきびを潰すとにきび跡になるからダメだと知っていても潰してしまった方も多いのではないでしょうか。
では、にきび跡は、「クレーター」や「赤みがでる」「色素沈着する」、「ケロイド状となる」と大まかに言うと4タイプの跡に分かれます。

 

「クレーター」は、表面が落ち窪んだ状態のことを言いますが、毛穴とその周辺に強い炎症が起こり、潰す刺激を加えたことでお肌の中の真皮がダメージを受けてハリ弾力に関わるコラーゲン繊維が破壊されてしまったことから起こります。ダメージを受けたコラーゲンの再生を促す血行ケアがとても必要とされます。血行力ケアというのは内部の力を引き出すケアなので、お化粧品では改善できません。エステやクリニックの分野になります。

 

「赤みがでる」は、にきびの進行で炎症から赤みにつながります。にきびは治っても赤みだけが残った状態のことを言います。通常、皮膚に傷ができると、毛細血管が豊富に作られ、皮膚の再生を促します。赤みはにきび跡の傷を治そうと毛細血管が増生されたものと考えられるので、ある程度日数がたてば薄jくなる場合もあります。

 

「色素沈着」は、にきびを潰すことで起こった炎症が紫外線に当たることでメラニンが作られ、色素沈着します。つまり、シミとなるということです。紫外線対策は常日頃からされることがとても大切です。
「ケロイド状」は、ごく稀に、体質的に顔のあご部分に赤く盛り上がったケロイド状の跡が残ることもあります。皮膚が再生するときに過剰にコラーゲン繊維が作られ、硬くなったものを言います。自然治癒はとても難しいので、クリニックでの治療が必要とされる症状です。
にきび跡はにきびが治っても、どれも残りますので、人からの目も気になったり、自信が持てなかったりすることもあります。特にクレーターは隠すこともできないので厄介です。原因を知り、対策をとること、そして潰さないこと、にきびができにくい肌作りのケアを取り入れることがとても大切であると考えられます。

 

たんぱく質とコラーゲンとお肌の関係について

 

美魔女に恋こがれて | 美肌命!

 

たんぱく質とコラーゲンのお肌についての関係は、コラーゲンはたんぱく質の一種であり、肌の構成要素となります。たんぱく質には様々な種類があります。その種類を決めているのが、構成されているアミノ酸の種類によるのです。
コラーゲンはたんぱく質の一種です。美肌になるためには必要不可欠な成分です。これは肌だけではなく、軟骨、靭帯など人間の体の様々な部分に含まれています。保水力があり、ハリのある肌を作るために、コラーゲンは必要なのです。

 

たんぱく質の摂取量を増やすことにより、美肌のためのコラーゲンの量を増やすことが可能になります。体内でコラーゲンに合成されるためには、コラーゲンの原料となるアミノ酸が必要であり、たんぱく質の摂取量を増やすことで、このアミノ酸の摂取量を増やすことが可能になるのです。
コラーゲンを摂取したとしても、そのコラーゲンが直接的に美肌のために使われることはありません。その理由は、たんぱく質は体内で利用するためには、代謝され一度アミノ酸の状態にならなければならないからです。コラーゲンも例外ではなく、一度体内で分解されることになります。

 

しかし、コラーゲンの摂取が無駄になってしまうということではありません。コラーゲンの摂取量を増やすことは、体内のコラーゲンの生成に必要なアミノ酸の摂取量を増やすことになります。単純にたんぱく質の摂取量を増やした場合に比べ、コラーゲンの量を増やすことは、コラーゲンを作るために必要なアミノ酸を効率良く摂取することに繋がるのです。

 

しかしコラーゲンだけを摂取することは、美肌を作るために効果的とは言えません。十分なたんぱく質を摂取し、それに加えコラーゲンを摂取しなければ、美肌のための栄養素が、たんぱく質の不足により、他の部位に使用されてしまうからです。なので美肌を作るためには、たんぱく質の摂取量を増やし、それに加えコラーゲンも摂取する、ということが必要となります。

更新履歴